Twitterの始め方と利用状況

Twitterサービス一覧

Twitterを始めるには?

Twitterを始めるのは、とっても簡単です。初心者の方でも分かりやすいように手順をご紹介します。

(1)まずは「サインアップ」をして、自分のアカウントを作成する
Twitterを利用するためには、まずあなた自身のアカウントを取得することが必要です。アカウントとは、利用者を識別するために必要なもので、Twitterではユーザー名(ID)およびパスワードをあわせてアカウントと呼んでいます。
(2)登録ページを開く
まずはブラウザで http://twitter.com にアクセスしましょう。Twitterを初めて利用する場合は、画面右上の「今すぐ登録」をクリックします。そして登録ページが開いたら、必要な情報を入力していきましょう。
(3)情報を入力する
Twitterのアカウント取得に必要な情報は、「名前」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」の4つだけです。その情報を入力します。
(4)登録を完了する
「アカウントを作成する」ボタンをクリックすると、「Are you human?」というタイトルの文字入力画面が表示されます。ここでやや歪んだ文字が表示されるので、うまく読み取ってその通りに入力しましょう。どうしても読み取れないときは、右側の「2つの単語を更新」して読みやすい文字に変更するか、「単語を聞いてください」で音声確認してみましょう。確認文字を正しく入力できたら、「登録を完了」ボタンをクリックします。
(5)ツイッターからのメールを確認する
続けて、ステップ3-1:おすすめを見る。ステップ3-2:友だちを探す。ステップ3-3:全てのユーザーから探す。というステップがありますが、ここでは全てスキップして「次へ」をクリックしていきましょう。入力が完了すると、あなたのホーム画面が表示されます。ここで、画面上部にメールで送信したメッセージを確認するように促す表示があります。登録したメールアドレス宛にTwitterのシステムからメールが届いているはずなので、内容を確認して記載されたURLをクリックしましょう。これは、登録したメールアドレスが間違っていないこと、登録したのがあなた自身であることを確認するためにTwitterを始める上で必要なプロセスになります。
(6)ツイッターにログインする
Twitterからの確認メールのURLをクリックすると、Twitterのログイン画面が表示されます。アカウント取得の際に入力した情報のうち、ユーザー名かメールアドレスおよびパスワードを入力して「ログイン」をクリックしてTwitterにログインしましょう。なお、「次回から入力を省略」にチェックをしておくと、次回からTwitterにログインした際にログイン画面を飛ばすことができます。ただし、インターネットカフェのパソコンや共用パソコンでこの設定をしてしまうと、次に使う人があなたのアカウントでTwitterにログイン出来ることになってしまうので、注意しましょう。
(7)登録完了!
これでアカウントの取得とログインは完了です。登録を完了した直後は、「次にすること」が表示されます。せっかくなので、「あなたが今何をしているのかを上の欄に書き込んでください。」にしたがって、何かつぶやいてみましょう。

Twitterのプロフィール機能

Twitterのプロフィールであなたが何者であるかを明確にすると、Twitterをフォローしてもらえる率が上がります。他の人からフォローしてもらえるようになれば、自分のつぶやきに対して反応があるなど、また別の楽しみも広がってきます。あなたがどんな人なのか、何に興味があるのかなどを簡潔に伝えましょう。プロフィールの欄が未入力であったり、雑な設定になっている場合は、ぜひ書き変えるのがお勧めです。

Twitterの利用状況

  • 2007年はTwitterの1日のツイート数は約5000回ほどでしたが、2008年に入ると一気に1日30万回に増加し、2009年には1日のツイート数が250万回を超えるようになりました。さらに2010年に入ると前年比1.400%の伸びとなる1日3500万回を記録し、2010年6月には2010FIFAワールドカップ開催の影響により全世界でのツイート数が1日6500万回を突破しました。これは毎秒750回のツイートがあったことを示しています。
  • 2009年6月時点で日本国内からTwitterにアクセスしている実際の人数は約320万人(全世界では約1.1億人)。男女比は男性が72%、女性が28%で、年齢層は最も多い層が35~44歳の42%、そして45~54歳の18%、25~34歳の17%と続いています。なお、ビル・ゲイツやティム・オライリーなどIT関係者や有名テレビホストのオプラ・ウィンフリーなどの多くの著名人や、マイクロソフトなどの大企業が広報活動として利用しています。また、Twitter議員というTwitterを利用する海外および日本の議員・政治家の総称まで生まれました。
  • 2010年5月末に総投稿数が150億回の突破、150億番目の投稿は日本の利用者によるものでした。その後の2カ月間でさらに50億回の投稿があり、日本時間の8月1日午前0時44分、再び日本の利用者による投稿で200億番目を記録しました。

Twitterの最高記録

2011年時点でTwitterのPS(1秒間あたりのツイート数)の最高記録は2011年12月9日に日本で放送された金曜ロードショー(日本テレビ)「天空の城ラピュタ」の終盤の山場に登場するセリフ「バルス」の瞬間で25,088TPSとなっています。2位は2011年8月31日にビヨンセの妊娠が発表されたときの8,868TPSで、スポーツイベントにおける最高記録は2011年7月18日に行なわれた2011年のFIFA女子ワールドカップ決勝で日本が優勝を決めた瞬間の7,196TPS(全体の3位)となっています。

Twitterの投稿件数

2010年7月1日、フランスの調査会社Semiocastが世界の地域におけるTwitterの投稿件数をまとめた調査結果を公表しました。2010年6月の投稿数は国別で世界全体の25%を占めたアメリカ合衆国が1位となり、2位は全体の18%を占めた日本でした(3位以降はインドネシア、ブラジル、イギリスと続いています)。また、ネットレイティングスが2010年6月末にまとめた調査で日本のTwitter利用者数は2010年時点で前年の19倍に達していて、実利用者数に限ればすでにアメリカ合衆国を追い抜いている事になります。

Twitterのフォロワー数

初めてフォロワーが100万件を突破したのは俳優のアシュトン・カッチャーで2009年4月のことです。初めて1000万件を突破したのは歌手のレディー・ガガです。日本ではソフトバンク社長の孫正義が2011年4月に初めて100万件を突破しました。

話題のツイート